スナックの服装の人気通販サイト

スナックの服装を選ぶ時って意外と難しいですよね。
私もスナックで働き出した頃はどんな服装をしたらいいのかわからずに困っていました。
今ではもう迷うことなくコーディネートすることができるようになった私が、スナックで使いやすい服装が売っているサイトを紹介します。
是非お気に入りのキャバドレスやキャバスーツをお選びください。

Tika(ティカ)

Tika

ティカはキャバ嬢達から圧倒的な支持を得る通販サイトです。
売られているドレスを見ると納得できるかと思いますが、とてもゴージャスで華やかなドレスが多いです。
このショップの中では少し地味めなものを選ぶとスナックでも可愛く着ることができます。

人気商品

Ryuyu(リューユ)

リューユ

リューユは激安ドレスや着物ドレス、キャバスーツなど、品揃えの幅がとても広い。
痒いところに手が届く人気ドレスショップです。

人気商品

Night1(ナイトワン)


ナイトワンは後藤真希さんとのコラボドレスなどを取り扱っている、パーティードレス通販サイトです。
キャバドレスとは違ってフォーマルなドレスも多いのでスナックで着られるものがきっと見つかります。

おすすめの商品

Dazzystore(デイジーストア)


激安キャバドレスから高級キャバドレスまであるので、スナックで使える服装が揃っています。
スナックでの仕事を長く続けるかわからない場合は激安のものを買って様子を見ることをおすすめします。

DressLine(ドレスライン)


ドレスラインは激安のパーティードレスも多く揃っているのでスナックのカウンターレディやラウンジのホステスなどから多くの支持を集めています。
サイズ展開も広めでアクセサリーやカラコンなども揃います。

 

スナックの服装を選ぶ時のポイント

スナックの服装はキャバクラとは少し違い、落ち着いた雰囲気のドレスやスーツを着用する場合が多いです。
ここでは出勤時、勤務中、同伴時の服装についてご紹介します。

出勤時・勤務中の服装

基本的に出勤時と勤務中の服装は同じでも構いません。
但し、どうしても水商売っぽい服装になるので、近所の目が気になる場合は出勤時には私服で、お店で着替えるのをオススメします。
しかし、スナックは更衣室がないお店が多いのでキッチンで着替えるなど、少し我慢しないといけない部分がでてしまいます。

勤務中の服装

勤務中の店内での衣装が最も重要です。
店内の雰囲気に合う服装、他のカウンターレディと統一感のある服装である必要があります。

例えば、全員がカジュアルな服装なのに、あなただけがロングドレスを着ていると浮いてしまいます。
また、店内がゴージャスなのにカジュアルな服装だとおかしいです。

初出勤の前や、面接時にママにドレスコードはあるのかなど、服装を確認するのは必須です。

ワンピースドレスはどんなシチュエーションにも比較的合わせやすいデザインが多いです。
ワンピースドレスはアクセサリーなどでゴージャスにもできますし、他のカウンターレデョがアクセサリーをあまりつけていなければ、あなたも外せばいいだけです。

同伴時の服装

同伴時には、基本的には出勤時、勤務中と同じ服装で構いません。

しかし、お客様と一緒に出かける場所が高級感ある場所だったら、水商売の服装がふさわしくない場合もあります。
TPOをわきまえた衣装でなければ、お客さんから常識がない女性だと思われてしまいます。

同伴時にはどんな場所へ行くか予め聞いておくか、あなたの指定したお店へ行くように心がけましょう。
また、男性側がどういった収入で金銭感覚をしているのかなども把握しておくことで身の丈に合った行動ができます。

勤務中の服装でも紹介しましたが、ワンピースは、同伴ワンピースというものもあります。
どんな場面にも合わせやすく、大人の魅力を引き出してくれるのでワンピースは同伴時に人気です。

スナックの冬の服装にはカーディガンやボレロがおすすめ

冬の寒い時期にはスナックではカーディガンやボレロを着るのがおすすめです。

カーディガンは丈が長めのものになりますが、ボレロは丈がウエストより短いものを指します。
カジュアルなスタイルなスナックであればカーディガン、ゴージャスな感じならボレロです。

スナックの面接で聞かれること。服装やマナーなどのポイントを押さえておこう

求人誌などで高時給バイトを探していると、よく目にするのがスナックのバイトです。

私も、短時間で高時給のバイトを求人誌で探している時に出会って始めたスナックバイト。
今まで、スナック3件、キャバクラ4件の面接合格経験があります。
私の経験を元にスナックの面接についてご紹介します。

スナックってどんなとこ?

スナックとは、もともと「スナックバー」と呼ばれ、軽食(スナック)をお客さんに提供するお店(バー)を意味していました。

ただ食事をするだけでなく、お客さんにお酒を出して、カウンター越しに接客をします。
そして、接客をしながら一緒にお酒を飲んだり、カラオケをしたり、ママの手料理を振る舞うなどのサービスを行います。

スナックというと、男性のバーテンダーやマスターが切り盛りしているイメージを持つ人が多いものです。
しかし、最近はホステス経験がある女性が切り盛りをしていることがほとんどです。これが「ママ」と呼ばれる人のことです。
女性が運営しているスナックなので、安心して女の子が働くことができます。

また、年配のお客さんが来て、年配の店員さんが働いていると思われがちですが、最近は若いママが増え、20代の店員さんが多いところが増えたため、お客さんの年齢層も若くなっています。

まずは、スナックの仕組みやキャバクラとの違い、スナックでのアルバイトについてご紹介します。

カウンターレディとは

カウンターレディとは、スナックで働く人たちのことを言います。
カウンターレディにとって「カウンター」は「自分の仕事場、マイポジション」です。

カウンターは、飲食店でいう「見えるキッチン」です。

カウンター越しのお客さんにお酒や軽食を出して会話をしたり、接客をします。
カウンターの中にいるので、もちろん軽い調理をしたり、洗い物もします。

例えば、キャバクラやラウンジをイメージしてください。
ここでは、お客さんの近くに座って、お酒を作り、会話をして接客します。

そのため、彼女らは「フロアレディー(キャスト)」と呼ばれています。
しかし、カウンターレディは、お客さんの近くに座らず、カウンター越しに接客をするのです。

キャバクラとスナックの違い

違いが4つあります。

接客方法先述したものと重複しますが、接客方法が異なります。
キャバクラ
お客さんの近くに座って接客します。
スナック
カウンター越しに接客します。カウンターレディがお客さん側の席につくことはありません。
客層
キャバクラ
クラブやラウンジと比較すると、料金がリーズナブルになるので普通のサラリーマンが多いです。年齢層は20代~。若い方もよく訪れます。また、会員制をとっていないお店が多いので、新規のお客さんも多いです。
スナック
キャバクラより、さらにリーズナブルな料金であるため、近所の方や、常連さんが週に何回も訪れます。仲間が集まる。そういうイメージです。年齢層は高めで30代以上です。近年は、アットホームな空間で楽しく飲めて・話せるということで、サラリーマンの2次会などでも、よく利用されます。
服装
キャバクラ


基本的にドレス・ワンピース(カジュアルなものは×)ファッションです。自分専用のドレスをキャバドレス通販サイトで揃えているキャバ嬢がほとんどです。
また、キャバドレスの無料貸し出しがあるお店も多いです。私がキャバクラで働いていた頃は、お店専用のドレス貸出し・ヘアメイクスタジオがあったので、そこでキャバドレスを無料で借りて、ヘアメイクもしていました。

スナック


衣装やヘアメイクはフリーで私服勤務のお店が多いです。ただ、カジュアルな服装はNGです。例えば、ジーパンやTシャツ、スニーカーなどは、私服勤務OKでも良しとされません。きれい目のワンピースやスカートで仕事をすることが多いです。私が勤務していたスナックは、スカートでハイヒールが義務でした。
スナックは、お客さんもスーツではなく、カジュアルな私服の方が多いです。

営業時間
キャバクラ
深夜0時までしか営業ができません。
理由は、飲み屋で女性がお客さんの近くに座って接客すると、風営法の対象になります。
そのため、キャバクラは深夜0時までしか営業ができません。(キャバクラだけでなく、クラブやラウンジも同様です)
スナック
スナックはカウンター越しに接客をするので風営法の対象に入ります。そのため、深夜0時を過ぎて営業しているお店もたくさんあります。

スナックバイトの嬉しい部分

スナックでアルバイトをして嬉しい部分は3つあります。

給料を日払い・週払いするお店が多いこと

スナックは、給料を日払い・週払いしてくれるお店が多いです。
大きな企業が運営しているキャバクラとは異なって、ママが個人経営をしていることが多いので、支払いシステムに融通が利くことが多いためです。

例えば、経済的に苦しくて、半月や1か月ごと支払われるシステムだと暮らしていけないという方も多い業界です。
そのため、個人の事情で日払い・週払い制にできることが多いです。

お酒を飲みながら仕事ができること

仕事中にお酒が飲めるのも、スナックバイトの嬉しい部分です。
また、お客さんによっては高級なお酒を飲む方もいるので、普段なかなか飲めないお酒を飲むことができます。

お酒好きな方にとっては、大きなメリットです。

平均時給が都会部は2,000円~3,000円、地方で1,500円~3,000円と高時給であること

スナックバイトは時給が高いです。日本経済新聞によると2017年、アルバイトの平均時給が823円です。

これと比較すると、スナックバイトは時給がとても高いことが分かります。

スナックバイトの辛い部分

先ほどは、スナックバイトの嬉しい部分をご紹介しました。嬉しい部分がある一方で、辛い部分もあります。

水商売に対して印象が悪く、偏見を持つ人が多いこと

スナックバイトを含む水商売へ対して偏見の心を持つ人が多いことも事実です。

水商売=女(身体)を売りにしているというイメージをどうしても持たれがちです。

実際は、そんなことなく、お客さんと話をして楽しませたり、ストレスを解消してあげたりなど、「人を喜ばせる仕事」です。

一方で、お客さんと身体の関係を持つ(枕営業)があることも事実です。

しかし、それは働いている店員次第、お店の方針次第なので、水商売全体がそういったイメージを持たれるのは、悲しいことです。
しかし、水商売に対して悪い印象や偏見を持つ人が多いことも変えられない事実です。

毎日お酒を飲まなければならないこと

スナックバイトの嬉しい部分として「お酒が飲めること」とお話しました。

しかし、これは仕事なので体調が悪い日も、二日酔いの日も、毎日お酒を飲まなければならないのです。
お酒が好きでも毎日お酒を飲まなければならないのは、辛い部分でもあります。

また、体調を崩しやすかったり、太りやすい、お酒を飲む分、健康管理をしなければならないというデメリットもあります。
さらに、人気店であればあるほどお客さんが絶え間なくきますので休む間も少ないです。

気疲れすること

スナックバイトは、ただ自分1人で黙々と仕事をするのではありません。
お客さんと話して、盛り上げて、ママや他の店員と円満にコミュニケーションをとらなければなりません。
そのため、気を使う状態が続くため、スナック経験者でも気疲れをすることも多いのです。

スナックバイトに求められるスキルは?

スナックのバイトで求められるスキルは4つあります。

聞き上手であること

スナックは、キャバクラに比べて、アットホームな空間で、良い意味でお客さんと近い距離で会話をします。お客さんは「女性目的」だけではなく、「話をして楽しい気持になりたい」「ストレス発散をしたい」という思いで来店することが多いです。そのため、お客さんの話をしっかり聞くスキルが求められます。
キャバクラのキャストのように「的確な質問を投げる=ボトルに結びつける」ような戦略を取る必要はありません。お客さんが話したいように、最後までしっかり話を聞くことが大切です。

お客さんに気遣いができること

これは、水商売の鉄則です。お客さんの少しの変化に気づいて気遣いをするのが大切です。例えば、お客さんの顔に疲れが見えたら「今日、お疲れじゃないですか?」と声をかけて、「何かありましたか?」とは聞かず、お客さんが話したくなるまで待つ…など、お客さんがお店に来て元気になってもらえるように気遣いをするスキルが必要です。

いつも明るく、笑顔であること

スナックバイトでの接客は、企業でいう受付嬢と同じです。お店の看板を背負っています。お客さんにも、店員間のやりとりも、いつも明るく、笑顔であることが大切です。そして気さくでお客さんが気軽に話しかけられるようなそんな明るい女性らしさが必要です。

真面目であること

水商売というと華やかなイメージがありますが、良いお客さん、悪いお客さんにも楽しんでもらうために、地道な努力が必要です。そのため、「人を楽しませる」「お店をきれいに保つ」「自分をきれいな状態に保つ」ことが必要です。そのため、地道に努力できる、真面目なタイプが求められます。

面接時の服装・メイクについて

続いて、スナックの面接時の服装・メイクのポイントをお伝えします。

服装自由って実際どこまで?

「面接の服装は自由でOK」と言われても、実際どんな服装をすれば良いのか、分からないものです。

最も大切なのは、「万人受けする服装」をすることです。

私服OKのお店でも、きれいめのワンピースやスカートをはいていくなど、男女ともに万人受けする服装をしましょう。
そして足元は、できるだけハイヒール(ヒール5cm以上)で行きましょう。

面接には「女性らしい服装」がべストです。

水商売と言えば「ギャル」というイメージがあるのか、露出が激しい服装で面接に来る人もいますが、あまりおすすめしません。
お店のカラーにもよります。ギャル系の店員さんが多い場合や、ママがギャルの場合は別です

もし、「カジュアルな服装でOK」と言われたら、やや清楚系ではないノーマルなワンピースや、カーディガンとスカート、あるいは、ホワイトかブラック系のきれい目パンツなどの「ややカジュアル」なスタイルで面接に行きましょう。

NGな服装は、ジーンズ、Tシャツ、パーカー、そして趣味が偏るロック・V系、ロリィタ系。これはカジュアルすぎたり、万人受けはしない服装です。面接の際は、あくまでも「万人受け」を意識しましょう。

メイクはどんな感じ?

濃いメイクではなく、自然なメイク。でもしっかりメイクしていることが分かるようにしましょう。化粧をしないのは絶対にNGです。
近年、濃いメイクはお店からも、お客さんからもウケなくなりました。最近は、「自然だけど、きちんとメイクしている」ことが分かるメイクの評判が良いです。
特に、ベースメイクはしっかりすることをおすすめします。どれだけ目力のあるメイクをしても、肌がきれいでないと採用確率が下がってしまいます。
厚塗りではなく、健康そうなツヤのある肌をできるだけ意識してメイクをしましょう。

面接でどんなこと聞かれる?

面接でよくある質問は、「勤務可能な日数・時間」「水商売の経験があるかどうか」「お酒が飲めるか?」この3つは必ず確認されます。
水商売は、一般企業に比べて、さまざまな事情で働いている女性が多いため、女性の思いを理解し、融通を利かせてくれるお店が多いです。これらは嘘をつかず、素直に答えましょう。

そして、面接で好印象な志望動機についてご紹介します。
好印象な志望動機とは、「素直に志望動機を語っていること」です。

例えば、スナックで働いて「おもてなしのスキルを学びたい」「接客レベルを上げたい」「水商売の世界で活躍したい」という思いがある場合は、その思いを伝えることが大切です。

または、スナックに応募する場合は「お金が必要(経済的に苦しい、稼ぎたい)」という方が多いものです。
そういう場合は、素直に事情を話しましょう。

「子供を養わなければならない」「奨学金の返済がある」「学費捻出をしている」など、素直な理由を話すことで、「この人は一生懸命働く気持ちがある」ということが、スナック側に伝わりやすいです。

志望動機は、自分の本音を素直に伝えましょう。

面接時にチェックしておくべきこと

面接時に、自分を見極められることは大前提ですが、お店のチェック(見極め)も必ずしましょう。

ママの雰囲気をチェックすること

ママの雰囲気はお店の雰囲気と直結します。スタッフへどんな指示をだしているのか?
どんな接し方をしているのか?スタッフのことをどう思っているのか(大切に思っているか)をチェックしましょう。

一度働くと、お店のトップの方針に従わなければなりません。「この人の下で働いていけるか」をよくチェックしましょう。

他の女性の服装・雰囲気をチェックすること

スタッフの服装、系統、雰囲気をチェックしましょう。
もし、採用されたら、共に働く仲間です。

実際にお店の雰囲気をチェックして、「自分がこの中に入れるか?」をしっかり見極めましょう。

お店がある街の雰囲気をチェックすること

お店がある街の雰囲気をチェックすることも大切です。
客層はどうか?お客さんの質はどうか?をしっかりチェックしましょう。

自分がトラブルに巻き込まれないように、防御することも大切です。
上記3項目を面接時にチェックすることをおすすめします。

スナックの面接のポイントを押さえて、面接に臨もう!

今回は、スナックについて、スナックの面接の服装、マナーのポイントについてご紹介しました。
これから、スナックの面接応募を考えている方は、ぜひポイントを押さえて、働きやすいお店で、楽しく働いてくださいね。

更新日:

Copyright© スナック服装ナビ , 2017 AllRights Reserved.